プロフィール

海925

Author:海925
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

散歩コースは畦道
猿の腰掛け。
20171117110044f43.jpeg




201711171100422f1.jpeg




20171117110044dc1.jpeg


時間の流れの速さに戸惑う間も無くのこの頃
終えたい事の少なさにちょっとばかり滅入る

庭木の手入れは出入りの植木屋さんが何時もの様に
やっぱり気がかりだった 欅は 猿の腰掛けで 息吹きは無理
来春の庭木や芝生の防虫剤散布後の 撤去予定

今年最後の芝の刈り込みも済んで 風に舞う枯れ葉も掃き清め
新しい年を迎える作業もなんと他人の労にが多く 老いを自覚

築山の松三本の中央が枯れた数年前はそれほど傷みはなかったが
今回の欅には落ちこんでる私 双手を天に届けとばかりの姿勢
依怙贔屓ではなく群を抜いて心地好かった 晴れやかだった。






スポンサーサイト
Testrogen La Fenice Venezia。
201710181456420a8.jpeg




201710181456420a8.jpeg




20171018145644b35.jpeg




201710181456407be.jpeg



っっw
20171018145641b68.jpeg




201710181456450e8.jpeg




クルーズ後にベニス本島でのホテル4泊も アッとの間で
最後の夜 小雨の降る冬の到来寒い中夫々ホテルの傘を
プッチーニの オペラ 蝶々夫人 を観に ラ フェニーチェ劇場へ

欲をだが その大昔 椿姫が初演された 火事での消失からも
蘇った劇場では 椿姫 を望んだが 演目は 蝶々夫人
蝶々夫人もなんとも軽やな演出の巧みさに 酔いしれた。



美味しさに再訪のイタ飯。
20171016193858424.jpeg
201710161938579bd.jpeg

201710161938579bd.jpeg


イタリアでの食事時 ランチとディナーに先ずは頂戴のモッツァレラ
レストランにより又 我の体調により味わいもバラエティー豊かな感が

ずーっと昔 ミラノの友人宅で戴いたモッツァレラの驚愕の美味しさ
追い求めてる我を ちょっと羞じらう

美味しいと紹介された レストラン 満席が頂く前から美味しさを感じて
満足した料理に引き寄せられて ランチに又再度訪れてバラエティ豊かな
食事に満足 心地よいリズムのウエイター 白い器に料理が映えても美味。





クルーズを終えてのベニス。
20171014163613bfe.jpeg




2017101416361296a.jpeg




20171014163608625.jpeg20171014163610ada.jpeg

20171014163610ada.jpeg




20171014163610cf1.jpeg



七泊八日のクルーズを終えてのベニスは小雨模様
水上タクシー乗り場もちょっと混み合って
チケット売り場では大きなユーロではと手間取ったり

サンタ・ルチア駅中へとショッピングへ
土地っ子お薦めレストラン情報を得ての遅めの食事
美味しい!って倖せにワインにほころんだ

唯一部活で参加出来なかった孫への土産が話題になって
夫々 ショッピングを楽しんだ 旅 の日の午後だった。

ドブロブニク 街の市場でラベンダーに染まって〜。
20171012145433032.jpeg
20171012145435ee4.jpeg

20171012145435ee4.jpeg




20171012145436644.jpeg


あの抜けるようなカラッとしたギリシャとはちょっと異なった
ドブロブニクの街中の小さな市場でラベンダーの香りに誘われて
洒落た小瓶の酒類も魅力があったが小物類の引き出し用に求めた
ラベンダーの匂い袋他

ふた昔にもなるだろうか マリア健在の頃 彼女の小さな別荘の小道で
時期外れの誰も眼にも止めない乾いたラベンダーを摘んで小袋に

一つひとつ丁寧に想い出を重ねてのこれまで ここまでくると
なんとも多くの人々に愛されての人生だったかと再認識して恥じらいも
小さな事で喜べるのは嬉しいが 時々イラついたり感謝を忘れて怒ったり

いつの日に 丸くまあるく成れるのかと まごついてるとひと月前の今日と今日
ただジタバタしてるだけの様がなあんとも情け無い あ〜ぁ。




検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR