FC2ブログ
プロフィール

海925

Author:海925
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

散歩コースは畦道
小さな花苗。
20200530214241dd2.jpeg



優しく 暖かく 美しく ホット 心がやすまるような

小さな苗の植え付けどきより みごとに成長して

老いたからこそ 小さな花 から 学びの大きさを知る。




スポンサーサイト



檸檬の木に学ぶ。
202005231956152f8.jpeg




20200523195613372.jpeg




20200523195612cb0.jpeg


世の中が当たり前でない今日このごろ

如何に 檸檬の花が狂い咲きの我が東南の庭
確かに得体の知れない病原菌も怖ろしいが

過去の戦禍の怖ろしさは 有楽町 数寄屋橋・上野駅付近
同年代の戦災孤児達の姿が 今もまぶたに残る哀しさは
テレビに映る ミャンマー難民の幼児たちとが重なりあって
進歩の無い我を恥 もどかしさもおぼえる

毎年薫りにつつまれて咲き 多くの果実をたわわに
びっしりと花をの今年の檸檬 🍋 木 に 何を学ぶと我に問う。


クレマチスが紡ぐ想い。
2020051908472563c.jpeg




20200519084727acc.jpeg




202005190847288a2.jpeg




20200519084729b1a.jpeg




20200519084731d40.jpeg


母の日の前に 二女からのプレゼントは 二鉢のクレマチス

クレマチスへの涼やかな想い出は 昔日のノルウェーへと
シーエン 又は スキーエン 遠くは イプセンの産まれた街
家々の多くの広い庭には 大木の林檎の木々が 垣根の下に
初夏にはスイートピーが 北国に似つかわしくなくのちょっと
軽い驚きと 夏には 数段の階段から室内への 其処に大輪のクレマチス

ひとっ飛びの遥か半世紀とプラス
想い出は 誰のものも 甘く 優しく
数えればきりなく アルバムの中の若い私 多くの方々は虹の橋の彼方
ちょっと甘酸っぱい クレマチスの花よ 永遠に咲いて 手入れに勤しむ。






母の日によせて〜。
20200510074447e4e.jpeg




20200510074448431.jpeg



幾つかある花物語りの一つを 母の日に よせて

庭の其処此処に咲く可憐な花 マーガレット

一番記憶に残るのは もう四十と四、五年は昔
ドイツのライン河の辺りの街 石畳みの路地裏
無造作に 木の樽に 腰まで届くほどは大袈裟な
そんな印象的 心に響くように 耀いて

年を重ねて 幾つもの引き出しからの 美しい物語りは
甘酸っぱく ただ 美しく 年寄りへの ご褒美のような?。





微笑むような〜。
2020050320313851c.jpeg




202005032031379b8.jpeg


裏庭の一隅 槇の生け垣の隙間に
遊び心で取り寄せた 浪速いばら

清純な白い花が明かりを灯すように咲いて
未だ癒えぬ病いに 一福の妙薬をもたらして

温もりのプレゼントを 今日日も頂戴して
痛みに苛つく未熟な我

小さな花に 恥じぬようにと 我に問うた。





検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR