散歩コースは畦道
La Ghinghetta の みやげは・・・。
La Ghinghetta は以前ドイツの友人の紹介で九月に滞在した

イタリア サルデイーニヤ島 南西部に位置するポルトスクーソの

レストラン ホテルで 部屋数8の 小さなホテルだが 私に

供された部屋は オリエンタル調で 窓からの海に沈む夕日が

今も鮮やかに脳裏にある、レストランがメインなだけに フルボード滞在を

満喫出来たし 遠路カリアリからの多勢の客も 理解出来た。

営業は4月から9月末だったが 現在は10月迄のようだ、小さなプライベート ビーチ、

鄙びた処も5,6月は鮪漁で賑わうとか、ホテルの主からのみやげに 

近くの工場で生産された 大きな鮪缶はとっても美味しかった。

今一度訪れたいと願う。
スポンサーサイト
La

小唄と三味線
スポーツジムでの友人の紹介で小唄と三味線を

三年余の稽古と年一回のおさらい会も楽しめたが長女の二か月余の

入院に横浜生活の半年のブランクが 小唄も三味線をつま弾く事も

出来ない現実を受け入れられずの 日々が過ぎてゆく。

幼い頃大人になったら オペラ歌手を夢みていたが 叶わず・・・。  

邦楽も声を発することが 精神衛生上も 良いようだ。
雪の日 圧力鍋で・・・。
今朝の雪に 昼食のメニュー

牡蠣フライを急遽変更での圧力鍋で牛筋に

たっぷりの大蒜の下調理、大きく乱切りの人参、じゃが芋、

たっぷりの玉葱を入れての調理後 小鍋に取り分けて

調味料加減でのシチューの出来上がり、後は市販の

カレーの素にウスターソースと醤油を少々でカレーがストツク出来た。

雪も調理中に止んでの昼食後 爺の夕食は牡蠣フライだねに 苦笑した。
姑と母
1907年生まれの姑が肺癌1906年生まれの母はアルツハイマー初期が

判明した25年前 仕事を辞めての自宅での介護が始まった、

姑は頭はしっかりで体が思うように動かず、母は反対に体は健康だが・・・。

当時新聞やテレビで脳の医師を浜松県西医療センターだったと記憶しているが

診察を受けたら初期のアルツハイマーとの診断、テレビで同じような症状の方の

手術での回復されたのを知り再度尋ねたが、母のとは異なる病でアルツハイマーは

手術不可能とでがっかりでした、

市の福祉課からの提案で 母の名前を特養入所に申し込み 姑は他人の世話を嫌いましたので

4年間 若さと気力でがんばりました、

姑亡きあとの10年ショート ステイ デイサービスの助力で頑張れました

初めてショートステイをお願いした夜 眠れず 翌日迎えに行きました、

母が発する言葉はアリガトウと私の名前だけでした、

人様の世話にならずに ポツクリとが希望だが 選択出来るものではない。
冬のシチリア島
仲良しのエリザベスからのグリーテング カードが

いつもと異なり メツセージのみに 心配で電話を

ご主人のアロから彼女の入院を知らされ 花キュウピツトで

花は贈ったが 見舞いたくて ドイツに飛んだ、

話題は旅を共にしたシチリアのタオルミーナや彼女達の尽力での長女の結婚式場

ボーデン湖畔のビルナオの教会等・・・。見舞い後ローマ経由でシチリアのパレルモへと

飛んで冬のシチリア周遊の旅に、参加者はオーストラリアからの父娘、イギリスからの母娘、

ベルギーから夫妻と娘に私の八人 とバスの運転手にツアーガイドの七泊八日。

印象深いモザイク画、ギリシャ劇場、神殿等・・・。タオルミーナには観光客が多かったが

他の地は閑散として寒かったのが 印象に残る。
近況報告
久振りの元気な声を聞きたくて

八時間時差のあるドイツに電話を入れた。

いつもの挨拶で始まり、孫たちの話題になる

元気な声に心が温かくなる

皆が健康での日々に感謝の挨拶で チュース。
イタリア保養地でのイタリア語学習
イタリアの温泉地滞在時週一開くマーケツトを楽しむ、日替わりで近隣の街でも午前中開催されるので
バスで出かけた、ファンゴ トリートメントは早朝に済ませて・・・市場での言葉はイタリア語だけ
観光案内所での情報でなんと週二回のレツスンが半年間十五ユーロで受講出来る もちろん申し込んで
指定された公立校に行くと受講生は我唯一人 一回三時間の マンツーマンでの授業を滞在中受けた いつも航空券は
変更可能にしているので 爺に承諾していただき 滞在を延期しての学びも良い思い出です。
アバノの観光協会は 親切で初めての電話でのホテルリストをファクスで送信してくれたりだった。
現地の人々も保養地 観光地ゆえか フレンドリーで なんとか意思が通じた。
今年は出かけられるかな。
イタリアの温泉
大好きなイタリアの温泉でのファンゴも

五年もご無沙汰している、 ヴェニスまで飛んで

予約しておいた五、六人用のバスで一時間 ほとんど相客なしで

滞在するアバノテルメのホテルへ 最低二週間余の間に

受けるトリートメントの前に 医師の検診でのメニューが・・・。

早朝部屋の電話でのファンゴコールに裸身にバスローブを纏い

治療室へ 大きなバケツに入れた泥を背中一面と膝から足へ

毛布に包まれて二十分うとうととベツドでの後 シャワーで泥を流してもらい

オゾン水 温泉に浸かった後部屋へ戻る と電話でのマツサージ コール

四十分位のスペシャルを受ける、

一週間に日曜日を除き六日を二週のトリートメント

滞在客は地元イタリア、フランス、スイス、ドイツからで

保険が適用されているそうです。

アバノは古くからの有名な保養地で、三食の食事メニューも

イタリア語、フランス語、ドイツ語です、又 食事の美味しいこと

サラダも寒い時期は温野菜が嬉しいですし メニューが嫌なら

簡単なものは注文出来ますし ウエーターのサービスが心地良いです。

滞在客をもてなすのに サロンでの音楽会、ダンスパーテイ、ビンゴ等が

あります、以前にイスキア島でもファンゴを楽しみましたが 私はアバノが

しっくりします。 モンテカチーニ テルメも お気に入りですが 此処は

飲むだけの温泉ですので 観光者向きです。今は亡きアネリーザと宿泊する

サンレモへのモンテカチーニからの汽車の海岸線の息を呑む美しい景観や

アバノ滞在時に友人になった ミラノからのマリアと彼女の定宿のある

シルミオーネ滞在経験より 彼女も私もアバノが良い・・・。


どうにかならぬものか
一高齢者としてでなく 一国民として

どうにかならぬものかと考え込む、

ブログを始めて三か月未満の私

多数のブログを楽しませていただく日々

Kさんのブログにどうにかしなければ・・・

ブログからKさんの誠実で謙虚な生き方が読み取れる

正直者が・・・の時代ではない。

熟考して・・・。
首都圏で雪の日の成人式
素敵な振袖 雪道を テレビで放映

今日の成人式は 思い出が大きいと語る若人に

晴れ着の手入れが気になる己の年を・・・。

築山の松の風情を愛でながら 新聞配達員を気遣う

首都圏の雪の日の成人式。
今日は長女とイタリア友の誕生日。
横浜在住の長女とミラノ在住の友アルドの誕生日、

アルドにはメールを送信、今夜スカイプで再度グリーテイング、

長女には電話でのおめでとう。

倖せなことに 祝う言葉をストレートに告げたり

受けたり出来る皆の健康に感謝だ。
月餅が届く~。
二女の姑さんからの月餅にお礼の電話を

姑さんも頂戴したが 私の好物なのでと

贈られたとのこと、横浜居住時は徒歩15分で

中華街 月餅を食したが 田舎暮らしの現在は

ほとんど食していなかった・・・。

話題が豊富な彼女との電話は一時間半

彼女もスカイプ出来たらと電話の度に・・・。
大事にならなくて良かった~。
一昨日に圧力鍋で一晩水に戻した豆を調理した時

ガスコンロが不具合になった、店から調べに来たが

基盤だろうがメーカーからの技術者に頼むか、

もう10年も使用してるので ジュミョウでしょうから・・・。

 卓上コンロでは不便なので、購入することにして

店に出向き 使用法が同じような機種を注文したのが昨日

今日夕食の支度時 コンベツクを使用時 点火をしたら

正常に・・・店にキャンセルの電話を入れた。



黄芯白菜の漬物
二週間ほど前に正月用の白菜漬をした、

二女家族は日本橋に住んでいるので

欲しい品は値段を気にしなければ購入できるが

 なによりも嬉しいことは

田舎住まいの我が家の白菜漬を喜んでくださるので

二女の姑さんにと

娘に手作りの干し柿とともに白菜漬も・・・。
日本ブログ村からのアンケート。
昨年11月3日 爺の誕生日に来宅した娘がセツトした後

文字を打ち込む作業でのブロガー?誕生の私

質問のわからないままにも

ブログ村のアンケートには返信したが・・・。
昨夜のアクアライン
昨夜長女一家が横浜の家路のアクアライン

衝突事故多発での大渋滞、

二女家族はスムースに 東京へ、私たち爺婆は

運転範囲を小さくして、二人での外出時は車を

駅近の駐車場へ 一人の時は其々が送迎を担当

どちらかといえば 婆が送迎の恩恵に・・・。
十一人と一匹
今日は長女家族4人と姑、二女家族4人と愛犬一匹、爺婆

合計十一人と一匹での食事 後孫たちはゲーム

大人達は五十数年も前の爺若かりし日の仕事でのモスクワ滞在と

ヨーロツパ旅行の話を聞いた。

今年は年長の孫が高校卒業 祝いに自動車免許取得費用を

如何か? 親の希望は以前旅したような旅を・・・。

新年早々嬉し楽しいプラン作り?の日々になるかな~。

孫其々部活があるので4人いっしょは春休み?・・・。
二女の舅の命日。
温厚で気配りができとても尊敬していた二女の

舅さんの今日は命日。

昨年十二月二日には とても爽やかな 偲ぶ会

家族の暖かさに包まれて・・・

お手本にしたいと感じた。
迎春~。
暖かい元旦を健康で迎えることができて感謝~。

今日長女家族4人は映画・レ ミゼラブル観に

家には 爺と二人の婆 ひとりの婆は長女の姑

三人で駅伝マラソンをテレビで・・・。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR