散歩コースは畦道
爺さまへのプレゼント。
201612310710116b4.jpgg

二十九日の夕食を携えて 爺さまへのプレゼントをと
年末の猫の手も借りたい時間 恒例の新春三ヶ日は訪れられないと
愛らしい愛犬 クッキーと共に 二女が来宅 老いた両親への細々配慮

老いと共に 光陰矢の如し を日々感じてはいたが
テーブルクロスのアイロン掛け一つをでも 日々老いての吾の動作が
ゆるりとで 二十四時間 時が刻むのは今昔変る事なしで
スローに為った分 過ぎ行くのが速まった 老いに愕然を こんなにも
小さなクッキーが癒してくれた

一女からやはり家族揃って明日の大晦日からとの電話 姉妹でのショート・トーク
二人での配慮が年の瀬の大きなプレゼント 形有る 爺さまへのプレゼントより
気遣いの思いやりは年の始めから大晦日まで 大きく嬉しい贈り物に有り難う。


スポンサーサイト
籾殻を纏った林檎と国産 クリーム チーズ。
20161228094301ed2.jpg




2016122809425917b.jpg

十一月末頃から十二月上旬に友人たちからの贈り物
青森と長野 そして仙台からは 籾殻のパッキングの林檎🍎

朝食にクリームチーズとともに頂戴する倖せ
癖の無い 国産のクリームチーズが好ましく
ナチュラル100グラムを二・三日でとまろ味が嬉しい

林檎🍎のおかげさまと思えるのは日々健康で過ごせている。




グリューヴァインとフルーツケーキで祝った クリスマスイブ。
20161225141232ddc.jpg




201612251412315e3.jpg




20161225141230837.jpg

想い出懐かしいコリンストリートベーカリーのフルーツケーキと
グリューヴァインも寒い時期の ドイツ・オーストリア・北イタリアで
屋台で戸外での温かい🍷ワインは冬の風物詩

戦前の数年のクリスマス 🎅サンタのプレゼントと
名前の記憶は無かったが コリンストリートベーカリーの赤い缶
疎開時はクリスマスは無かったように思える
今年の八月 八十才の誕生日以後 昔日の想い出を引き摺り出す事しばしば
誕生日前迄と大きく異なり あぁ年だなぁと思うようになったのが不思議

フルーツケーキとグリューヴァインとも二女からの頂きもの 頂戴の嬉しさは
彼女が想い出語りの襞を汲み取り心に留めて ママを喜ばせたいとの気遣いが
貴く 最大のプレゼント 聖夜に健康に 全てに感謝 乾杯。



昔懐かしい クリスマス・ケーキ 娘がアメリカからお取り寄せ。
201612222229312e9.jpg

なんと嬉しい事でしょう ニ女が去年のこの時期のブログを読んで
今年はと アメリカのコリントストリートベーカリーのフルーツケーキを
お取り寄せ 送ってくれました 私の幼き日の想い出と娘たちも幼き日は遠く
半世紀近くも前の ケーキの包装缶も同じ 二女の記憶と一女は記憶が不確か

遠き昔の戦前のクリスマス 赤い缶が嬉しく楽しかった印象深いフルーツケーキ
ご縁で米軍基地への出稽古の仕事で 又も四十五年程昔のフルーツ・ケーキ
赤い缶もフルーツ・ケーキも幼き日のそのままだった

仕事上のボスの計らいで入手したコリントストリートベーカリーのフルーツ・ケーキ
幼き日の思い出を話すと便宜を図って下さり 両親と父の友人にも贈る事が出来た

たかがフルーツ・ケーキだが木の実やフルーツの入ってる以上にぎっしりと
暖かい想い出の詰まった鼻の奥がツーンとする泪もホロリの 大切なひとひらの宝。

グリーティングカード 今昔物語。
2016122022270459e.jpg

グリーティングカードを海外の友人には和風をとが
我が町では入手困難 銀座の鳩居堂へと足を伸ばしたかったが
年々一日が アッと言う間に過ぎゆき 計画の半分はおろか
二十パーセント出来たら良しの日々 整理も兼ねての抽斗から
諸々出てきたので 一人ひとり面影を思い浮かべて十七日の土曜日
本局まで車を走らせ セーフだったと希望

ひと昔前迄は飛行機の利用度も多くて グリーティングカードや
手帖は特にお気に入り仕立て カレンダーとドイツのXマス・ケーキ
シュトーレンも頂戴をが懐かしい想い出

年々少なにのカード 老いたんだなぁ〜とちょっぴり佗びしい。



我が家出入りの植木屋さん〜。
2016121714510438e.jpg




20161217145102dcd.jpg

毎年十一月に最後の仕上げで出入りの植木屋さんは
今年は早々に十月末に天気も良く作業が始まったが
五日目の朝 筋を違えたようで一週間ほど休みたいとの電話

しばらくの間お休み 過日最後の仕上げに来宅
十時のお茶は爺さまと四方山話 昼にはちょっと気配りの菜
三時のお茶で私も一諸にで立ち入った話題に
なんと七月に築二百年の茅葺きの家が漏電だろうと全焼
八十五才の母親は長屋門に住むと… お姉さんの嫁ぎ先へ
彼と息子さん二人でのアパート住まい もう五年にもなるだろうか
一・二度我が家へのベターハーフ 奥さんを乳癌で…
年老いての男一人はと再婚の希望ありだったが 先ず来年は家を建てる
五十半ばの彼 悪い事はこれでお終いでしょうと淋しく笑った

いつの日晴れやかに笑顔を希求。








吾が手では採れない柚子 来訪の孫の手にお願い〜。
20161212115518c04.jpg




201612121155203f8.jpg

一昨日の夕方 四人の孫たちの唯一女子で年少 S子の喜ばしい報告来訪
アクアラインから圏央道へ 横浜には未だ無いお気に入りの回転寿司の銚子丸で
合流で我々も家を出た 案の定 土曜日の夕方 多くの人がテーブル待ち

昨日の帰宅前 脊柱管狭窄症の術後背の高かった爺さまもちょっと難儀な
西庭の柿・欅の大木と生け垣の間に ひょろっと背高い柚子の木の柚子を
採る事 持ち帰り分だけはお願いと 孫のYの手で高枝切り鋏で〜。





健気な 師走に微笑みの紫陽花一華〜。
201612081703084b0.jpg




20161208170310c1b.jpg




20161208170310273.jpg

庭の其処此処の躑躅も二・三の花を
過去にも季節外れの躑躅と紫陽花をアップした記憶がある

日々健康で過ごせての感謝 ダブルでのやすらぎのプレゼント
そんな感じで嬉しくも紫陽花を花器に

春夏秋冬に彩りの花々 季節外れの花のもたらす味わい
年令を重ねる程 日々過ぎゆく速さとともに些細な事柄も
虹色に染め上げて悦にの吾を愉快に眺めて愉しむ。



想い出は甘酸っぱく〜。
20161205042756a92.jpg




20161205042755d2a.jpg




20161205042754cff.jpg

横浜 本牧の歯科医院へ月曜日と火曜日の予約診療
我が家からの高速バスではと横浜の家での久しぶり一泊
診療後に一女が迎えにでそのまま彼女の運転で足を延ばして
鎌倉へと 到着時間は遅めのランチ
由比ヶ浜の うなぎの老舗 つるや 時間がかかるだけに
美味しさは抜群 我好み 長谷寺へとちょっとと帰りに
頂きたいと 一女家族への土産に夕餉を注文

いつ頃からか半世紀にもなるだろうか
世の中だけでなく 吾もずいぶんと はしょった生活をと
紅葉を愛でる 自然体で粧ひも優雅にだった北鎌倉に溶け込んで〜

美しい 甘酸っぱい 想い出が 残り僅かな 日々をもっと労わり大事に。









面白い天候にも綺麗に色づく樹木に癒されて〜。
201612021923025b8.jpg




201612021923032d2.jpg




201612021923014d1.jpg

自然の恩恵をどっぷりと纏っての日々
樹木への尊敬にも似た気持ちと我々は
進歩がないなぁ〜と

高齢者の自動車運転事故
一人住まいの87才 軽トラで
横浜での散歩は歩道も在ってとばかりの認識不足
通学路でバスも走行の歩道は?道幅の狭さに驚愕

三十年程前には横浜市中区はお願いもしないのに
市の福祉課からの方がお宅はお年寄りがお二人と
訪れ アドバイスを 未だ介護保険法はなかった

現在 87才の方への支援と交流がで 事故も未然に
とも思えます 87才は思春期は戦時下
泥縄式は止めて 大事なものを一つひとつ今から!。








検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR