プロフィール

海925

Author:海925
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

散歩コースは畦道
其処で〜。
20170728162557e57.jpg




20170728162556ae9.jpg


木槿が日照りの中今日も笑顔を見せて

未だ五十センチにも満たない木槿もわが庭には新色の花を

一昨日の水曜日 過月曜に予約を入れてた 月一の歯科医院と美容院
高速バス停での土砂降りの雨に 日を変更とも考えたが雨も小降りに
思いは庭木が頭上からの恵みのシャワーでどんなにか悦んでと嬉しく
九州北部・秋田の豪雨災害地には申し訳ないが 日照りの我が地方
朝・夕の散水ではと待っていた雨 雨の日の高速バスは 初めて
美容院行きも晴天のみだった 慣れない事は年寄りには負担だった
久しぶりの涼しい日に 乗り物も 何処もかしこも冷房で涼しく
小洒落たショールではと案じた 元町で一女がピックアップしてくれて
本牧の歯科医院へと

雨の日のバス停がちょっと不安で明かるい間にと帰途のバスに
やっぱり風邪気味で一日ダウン ベッドでの時間が多かった
庭の木々のなんとも清々しく元気な事に 今日も我を 𠮟咤激励。



スポンサーサイト
檸檬🍋に想いを馳せて。
20170725061638982.jpg




20170725061640748.jpg




201707250616400e9.jpg




201707250616422e2.jpg


今年も七月中旬から香しい檸檬🍋の花に多くの想い出を

昨年の七月二十日のブログの檸檬🍋記事を読み返して
なんとも几帳面な木々の営みにちょっぴり恥じらう気持ち
我が断捨離のなんとも遅々としてる事 天候が如何に荒れようが
季節毎に几帳面に働きをする 物言わぬ自然界
負けじと踏ん張っても 時折の肥料や草を退治するぐらいで
なんとも頂戴為る癒やしや果実を如何にと夢膨らむ受け身の私

人生も未だお迎えは遠慮させていただき 立つ鳥跡を濁さずに励もう。




映画 イースター・パレード。
201707201053224f6.jpg




20170720105324bef.jpg




201707201053249ad.jpg


心ときめく映画 イースター ・パレード 久々の観賞

ジュディ・ガーランドもフレッド・アスティアも素敵
垢抜けた意匠 敗戦後間もない映画とは思えない感が

ジーン・ケリー 、フレッド・アスティアのステップに憧れ
タップ・ダンスを習った10代半ばが愛おしく想い出されて

年令を重ねただけ 想い出の多くは一つひとつが耀いて
あぁ 多くの人々の暖かさに包まれたこれまでの人生

有り難うを言うより云われる人になれ!の教えにいつの日成れるだろう。



優しく。
201707171518326c2.jpg


此処二、三日の日中は 木蔭に咲いてる紫陽花も
息切れ状態のようで やはり雨の似合う花だけに
なんとも気の毒な

空気の美味しさに惹かれての田舎住まいのなんと学びの多く
一日の時間のなんとも短かくは 動作が鈍くなった所以かとも
欲張ってあれもこれもと自然と対峙に時を忘れてなのか
彩りの小さな草花たちからもの学びは大きく日々新しい

昔日の一つひとつが情緒豊かだったように思えるのも年令故?
便利になった引き換えに大切な物事を失ってと感じるのも年令故?。





花言葉は潔白。
2017071304442509d.jpg


ちょっと野趣な趣きの ガザニア の花言葉 潔白をチョイス
お陽さま燦々におもむろに閉じてた花弁を開いてのご挨拶

朝夕の甘露も日の入り後と早朝の小鳥たちの夜明けの歌を聴きながら撒水
心弾み気分は上々 血液・尿検査は良好ここしばらくの間飲んでいた薬も廃止
サプリメントは別として医師の処方する薬は再度 骨粗相症の薬のみとなった

健康での日々 躓きでの転倒顔面・膝の傷も癒え脱臼は気圧の変動で痛む指も
漢方薬と 医院でのレザーと電気療法
異常気象の今夏 小さな ガザニア の花に習いたいと思う。



四葉のクローバー。
20170709065209bbe.jpg




20170709065207828.jpg


芝生の中に元気よくお邪魔のクローバー
日々の生活を端折ってる訳ではないが
七夕の飾り付けも素通り
四つ葉を探そうと 呑気にしてたが あまりの元気に
芝生の手入れ前の早朝 少しずつ退治 四つ葉を探す余裕無し

倖いを運び込む 四つ葉のクローバー 押し花にして
病む友への一筆と共にと考えるだけではと吾を恥じる。




真紅のポピー似のカリンと久々に〜。
20170705103202819.jpg


桜の季節が終わり花香るシチリア島への旅の計画
不甲斐なくもの怪我で パレルモ・マッシモ劇場・オペラ 椿姫 キャンセル

世の中 我々を後期高齢者と
80才の誕生日を迎えた去年の夏には感じず でも ひな祭り後に
ちょっとの躓きやバランスを崩しての痛い事故 少々凹んでだったが気分は若い

ドイツの友 真紅のポピー似のカリンは 英語でどうぞに 我はスペルを調べドイツ語に固執
シャープの電子ノートも古いために液晶画面が可笑しくなって 辞書を開いて、頭の体操
年令を重ねても中途半端な自分にちょっぴり檄を飛ばしてる我を破顔う。



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR