散歩コースは畦道
早々に嬉しい母の日へのプレゼント。
2017051215370830c.jpg




20170512153710683.jpg




201705121537114da.jpg




20170512153714468.jpg




201705121537124d6.jpg

綺麗なブーゲンビリアの鉢植えは一女からのプレゼント
二女は好感度抜群だからとイヴ・サンローランのファンデーションと
お気に入りのマニキュアを頂戴 化粧水以外ほとんどを免税店での私
日本人向けのファンデーションはほんと肌にとけ入った感がで嬉しい
ここのところファンデーションも使用無しだったが 里山辺の光は強く
ドイツ・北海で焼いたチョコレート色とは異なり日焼け色が垢抜けない感が
自然に肌になじむのでおかげさまに母の日の前から愛用

ブーゲンビリアは地植えにしたいと移植する場所の選択を愉しんでいる
それぞれが母となってふた昔以上の娘たちの年代の昔の私は姑・母への贈り物
想い出を紡ぎだし五月晴れの空を仰ぎ昔を懐かしむ事の多さも年令故かなぁ〜。




華やいで〜。
20170509073831ff7.jpg




20170509073826c12.jpg




20170509073827d43.jpg




201705090738288e6.jpg




20170509073829e4c.jpg

二女の姑 日本橋のお母さま三月の誕生日で八十三才
お休み期間もあったが 再びソシアルダンス💃

ワルツを孫年代の講師と優雅に軽やかにご自身でデザインも愉しんだ
豪華なドレスを纏っての華やぎ耀いてとっても素敵だった いつもの事ながら
お手本に

ちょっと昂奮気味だったか 華やぎの空間での美味しいディナー
山葵風味のドレッシングでのマグロと葱のテリーヌ キャビア添え
香草風味の真鯛のソテーと野菜の煮込み
牛ヒレ肉のグリルは梅肉風味のグレービーソース 蕗の炊き合わせ他
苺とレモンのジャム入りフロマージュブランのムース 蜂蜜シャーベット添え
コーヒー 心地よく頂戴後のプロフェッショナルのショータイム
今年のラテン部門の優勝者松本ご夫妻のダンス💃称賛の言葉が見つから無いほどの
素晴らしさ 若かったらダンス三昧💃になるでしょう?。






バーベキュー日和。
201705070718439e6.jpg




20170507071838f90.jpg




20170507071840c82.jpg




20170507071841f2c.jpg




20170507071844190.jpg

天候に恵まれた連休 交通渋滞を避けて 夫々が我が家へと

新緑のもてなし 芝刈りや草取りもいつもながらの他力本願
だいぶくたびれた赤いベンチの化粧も気にかかったが後まわし

三・四日の夕餉は バーベキュー 愉快な事は 和牛舌より安価な米牛舌が
好評で二日目はちょっと多めに仕込んだが売れ残ったのも 若い孫男子二人
不参加も売れ行きを大きく左右

五日はそれぞれ十時には家路に 渋滞もなく 日本橋へは一時間
横浜へは一時間四十分 帰宅コールにやれやれ 五月晴れにも有り難う。



心はずむ横浜風景。
20170502070506f87.jpg




20170502070507995.jpg

一枚の写真のあふれでる想い出は

ブログ コロさんの Hamaview 横浜風景
想い出が一つひとつの窓にもの建て物は
それは レストラン・スカンディア
重厚な扉 ゆったりと二階への階段 壁面にも木彫画
ガラス扉の向こうに時間の止まった様な重みの
父の懐に抱かれた感の大好きなお気に入りレストラン

五月一日の昨日 朝七時五分の高速バスで再度歯科医院
今回はカメラ持参で治療後一女の送迎での コロさんを
真似ての一写だが 玄人のコロさんの写真からの味わいからは
ほど遠くのモデルさんたちにごめんなさい的だが写せて満足

伊勢佐木町の眼鏡屋でお気に入りポリスのサングラス
修理不可能との事 次回イタリア行き迄お預けに

一女の手際の良い美味なランチの後 お陽さま燦々がさま変わり
雨も降ってきて 我が市の高速バス停から目の前の青空駐車場
用心で雨傘借用 三月初旬の怪我の指のレザー照射の為早めの
二時五分の高速バス 送り車の二女へサンキューセーフメール

連休の合間の整形外科医院 百台以上の駐車場も満杯 戸口近くで
待機 無事駐車 診察の方が多く 思いのほかリハビリ室は空いて
一分を五回セルフケア 一人行動出来る倖せを感じるのも高齢者?。





薫ような〜。
20170430062305b89.jpg

一昨日の金曜日予約を数日前倒しての美容院と歯科医院

空気の美味しい田舎から、高速バスでの横浜行きはちょっと不便
案の定歯科は大事をとっての投薬が五日分と ハプニングでの久しぶりでの
半世紀プラス数年築の鉄平石を積み上げた暖炉のある昔日の応接間
ソファーベッドで一泊 多くの想い出と物語はいつの日にか……

この春から私服の大学生Sー子 四人の孫の唯一の女子で最年少
初々しい仕ぐさも愛おしいおしゃれ着でもと母娘三代三人で元町へ
一丁目からのショッピングで昼食時はちょうど菊屋の脇道から中華街
雲呑料理が美味しい上海料理の大新園 夫々の雲呑もソースも美味
フカヒレスープもまろ味で美味だった

燦々と耀く太陽の下爽やか乙女は香り立つような笑顔がはじけてた。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR